脚のケア

ふくらはぎには大切な役割があります。ふくらはぎの筋肉が収縮すると血液を心臓に送り返すことが出来ます。
そんな大切なふくらはぎの筋肉が衰えてしまうと、筋ポンプの働きを悪くしてしまいます。
筋ポンプの働きが悪くなると、血液循環が悪くなり冷えの原因となってしまいます。その筋ポンプの働きを良くするには毎日のケアにかかっています。

筋ポンプの流れを良くすることで、脚やせに大きく近づくことが出来ます。
脚やせは様々な方法ですることができ、皆それぞれのやり方を行っていますが正しい方法でしなければ逆効果となってしまいます。
誤った方法は脚にあざなどをつくり痛めてしまいます。適度な力加減で刺激をすることで、しっかりと効果を実感することが出来るでしょう。
筋ポンプを刺激する方法がありますが、この方法を試すことで筋ポンプの働きを高めてくれます。
血液の流れが良くなり、脚やせ効果を実感することが出来ます。

床に座り膝を立てたあと、両手でふくらはぎを包むように叩きます。
左右均等に少し痛いくらいで叩きます。親指の付け根を利用して叩いていきます。
ふくらはぎの後ろはグーにして甲を利用して軽くパンチをするように叩きます。
5分程度すると良いでしょう。お風呂の後にすることで高い効果を得ることが出来ます。
この叩く方法を毎日継続することで、目で見て効果を実感することが出来るでしょう。
脚やせは目に見えるとやる気が出て、継続をすることが出来ます。筋ポンプを刺激することで脚やせへと繋げることが出来るでしょう。